仮想国家エフタル。その他の政党案(仮)

仮想国家エフタル。政党案(仮)」には載らなかった院外政党を紹介する。

これらの政党の中には、政党として連邦議会で闘うのではなくて「政治勢力」「圧力団体」として
既成の連邦政党の「支援団体」となることを選ぶケースも少なくない。
此処で紹介するのは「全国政党」及び「政治系の全国ネットワーク」を標榜して活動し、なおかつ地方議員を擁する政治勢力である。
一部の州のみで活動する「地域政党・地方政治ネットワーク」は紹介していない。
後日、別のページで取り上げるつもりだ。
全国の地方議員は約数万人ほど。
その中で約数万人がこの中の政治勢力に所属している。ちなみに2重党籍も多い。
あくまで目安であるが以下、地方議員の順で紹介する。
ただし、党員別ではないので必ずしも順番が「党勢」そのものの、順位とは限らない。

ネットワーク「民主」(地方議員数:約70000人)‐ 中道系
中央公党・家庭フォーラム(地方議員数:約50000人)‐ 中道右派系
無所属議員・連邦ネットワーク(地方議員数:約40000人)‐ 中道系
市民と共生のネットワーク(地方議員数:約35000人)‐ 中道左派系
地域政党サミット(地方議員数:約20000人)‐ 中道系・穏健地域分権主義
地域主権のため(地方議員数:約10000人)‐ 中道系・地域分権急進主義

共和党(地方議員数:約35000人)‐ 中道右派系・保守共和主義。
社会民主党(地方議員数:約20000人)‐ 中道左派系・社会民主主義

愛郷連盟(大地の党・国民協同党)(地方議員数:約8000人)‐ 中道右派系・地域分権派
○○大地の党(地方議員数約:5000人)
○○国民協同党(地方議員数約:3000人)

「緑風民主同盟」(「緑の風党 ‐ 民主左派 ‐ 海賊党)(地方議員数:約6000人)‐ 中道左派系・地域分権派
○○緑の風党(地方議員数約:4000人)
○○民主左派(地方議員数約:1500人)
○○海賊党(地方議員数約:500人)
自由協会(地方議員数:約3000人)‐ 自由主義・中道系

エフタル紅の党(地方議員数:約2200人)‐ 右派ポピュリスト系
≪≪○エフタルのために(地方議員数:1400人(公には「なし」。) ‐新極右系・国家社会主義≫≫
エフタル民主党(地方議員数:約1300人)‐ 右派ポピュリスト系

労働党・円卓会議(地方議員数:約800人)‐ 左派系
≪≪○人民戦線・新共産党(地方議員数:800人(公には「なし」。) ‐新左派系・共産主義≫≫
社会労農党・人民運動(地方議員数:約750人)‐ 左派系
新連邦政治ネットワーク・準備委員会(地方議員数:約600人)‐ 中道系
規範党・愛国者連合(地方議員数:約550人)‐ 宗教保守系・右派系
共生社会・市民フォーラム(地方議員数:約500人)‐ 中道左派系
緑色行動(地方議員数;約300人)‐ 左派・急進環境主義
リバタリアン同盟(地方議員数:約180人)‐ 中道系・急進自由主義

エフタル農民党(地方議員数:約70人)‐ 保守系・農民主義
エフタル納税者党(地方議員数:約50人)‐ 保守系・新自由主義
緑のエフタル(地方議員数;約40人)‐ 中道右派系・緑の穏健保守
オルタナティブ協同会議(地方議員数;約30人))‐ 共同体主義
声なき大衆の会(地方議員数:約20人)‐ 中道右派系・右派市民組織

憂国同志会・緑の青年会議 ‐緑の穏健保守
雑民の会 ‐アナキズム系・芸術派
エフタルポゴ党 ‐アナキズム系・虚無派

地方議会における政治系ネットワーク。

○○ネットワーク「民主」(地方議員数:約70000人)

中道的な地方議員が中心となり結成された連邦レベルのネットワーク。中道民主主義。
右派の共和党や愛郷連盟から、左派の社民党、緑の風党、地域政党から無所属まで様々な人士が集う。2重党員を容認している。
極右、極左、ポピュリスト勢力の興隆に反対しており、それらを抑えるための有機的な活動団体として活動する。
国政レベルとしては、連邦議会に参入(立候補)する意思はない。

○○中央公党・家庭フォーラム(地方議員数:約50000人)

宗教右派・中道保守系の政治勢力。保守系の地方議員の連邦レベルのネットワーク
かつての連邦政党であったが、現在は地方議会にのみ議席を持つ政党として存続している。
今はそれぞれの地方支部が「連絡会」を結成し、本部機能を代替している。すなわち分権型のゆるやかな集まりである。
保守系の国政政党から地域政党、無所属まで、様々な党派の議員が参加している。2重党員を容認している。
国政レベルとしては「共和党」「愛郷連盟」「自由協会」に協力することが多い。連邦議会に参入する意思はない。

○○無所属議員・連邦ネットワーク(地方議員数:約40000人)

中道系の地方議員の連邦レベルのネットワーク。(中道右派~中道~中道左派まで)
国政政党や地域政党に加入していない無所属議員達の緩やかな集い。情報交換や勉強会を開催している。
国政レベルとしては各々が各個に政党を応援する。連邦議会に参入する意思はない。

○○市民と共生のネットワーク(地方議員数:約35000人)

生活協同組合や福祉団体が母体となって結成された中道左派の地方議員の連邦レベルのネットワーク
個々の地域に拠点を持ち、地域政党として活動する。議員以外の会員も多く、市民ネットワークとしても機能している。
「政党」としてではなく、「市民派」「市民ネットワークの構築を目指す」と自称する。
消費者問題、環境問題、福祉問題など市民の「身近」とされる問題、政策について熱心に活動する。
自治体レベルで組織された加盟組織は共に対等である。つまり、中央統制型の政治団体ではない。
国政レベルとしては「社会民主党」「緑の風党」「円卓会議」に協力することが多い。連邦議会に参入する意思はない。

地域政党サミット(地方議員数:約20000人)‐ 中道系・穏健地域分権主義
地域主権のため(地方議員数:約10000人)‐ 中道系・地域分権急進主義

地方議会に議席を持つ政党(中~大)。

○○エフタル紅の党(地方議員数:約2200人)

急進右派、右派ポピュリズム政党。移民・難民の受け入れの反対派。紅(くれない)と読む。
「エフタルのために」の分派。男性中心主義とされる「エフタルのために」から離党した女性党員が結成。
もっともこの党にも男性党員がいくらかは所属している。
党の独自性を追求するにあたって「エフタルのために」が持っていた国家社会主義的な「国民共同体」構想は捨てている。
今では議会制民主主義を支持し、合法的に支持拡大を目指す「ポピュリスト右派」的な立場を取る。大きな政府派。
ゆえに党員になる敷居が「エフタルのために」より低いとされる。都市部を中心に活動。州議会に若干の議席を持つ。
「エフタル民主党」とは友好関係にあり、しばしばお互いを支援し合う。
国政レベルとしては「エフタル民主党」に協力しつつも、勢力を維持する一部地域では独自候補を擁立している。
組織だった街頭行動を積極的に行うのが特徴的。

○○社会労農党・人民運動(地方議員数:約800人)

共産党(現:民主左派)から独立して結成された左派政党
民主左派よりも集散主義をとり、左派寄りの立場を示す。社会主義の深化を目指す。
ただし、手段としては「平和革命」を支持する穏健派である。
急進派の「新共産党」とは意見が異なる上に支持地域の違いもあり、没交渉気味。手段のあり方を巡り、対立している側面もすらある。
尤も毛沢東主義の影響もいくらか受けており、農村からの直接革命を支持する勢力も党内にはある(ただし、少数派)。
現在の所、拠点を持つ地域での勢力拡大を目指している。結成当初は連邦議員をいくらか擁していたが、現在は衰退気味。
主な支持層は、困窮した農民や労働者である。
地方部に主な拠点を持つ。都市部にも多少の拠点を持つが、支持はまだまだ広がっていない。
国政レベルとしては、都市部で「新労働者党・円卓会議」に協力しつつも、勢力を維持している地方部では独自候補を擁立している。
組織だった街頭行動を積極的に行うのが特徴的。

○○新連邦政治ネットワーク・準備委員会(地方議員数:約600人)

共和党や社民党などの連邦政党を脱党した若手が結成した新興系の中道系政治ネットワーク
左右の全体主義、そしてポピュリズムと闘い、新時代に似合う穏健な国民政党を結成するための組織である。
現状、連邦議員はいない。ゆくゆくは「新連邦党」として、連邦議員を確保し地方議会でも更なる拡大を目指す方針である。

○○規範党・愛国者連合(地方議員数:約550人)

宗教右派系の保守政党。極右ではないが、近しい存在。
共和党の宗教急進派系が独立(半ば追放され…)して結成された。
かつての「連邦政党」。中道右派・保守政党。共和党の分派勢力。大きな政府派。
分派した当時は若干の連邦議会議員を擁していたが現在はいない。
現在は連邦各地の限られた数か所の地盤に若干の地方議員を抱えている
政党としては現在も存続しているが、連邦議会に復帰する意思は乏しい。
近年では「共和党」への復党や「保守同盟」に参加をするものも多く、二重党籍も容認されている。
国政レベルとしては、保守系の政治家を支援する。現在は連邦議会に参入(立候補)する意思はない。

○○共生社会・市民フォーラム(地方議員数:約500人)

NPOなどの市民運動、障害者運動、移民支援組織などを母体としている政治組織。
障害当事者、移民出身者、LGBTなどのマイノリティが主な支持層。穏健左派の「市民派」を標榜する。
共生社会」の実現と市民の声が反映された政治の実現を標榜している。
中道左派系の地方議員の集まり。国政においては社民党、緑の風党のいずれかを支援する。

○○緑色行動(地方議員数;約300人)

緑の風党から除名された環境団体のメンバーが結成した政治勢力。左派寄りの思想を持つ。
幾つかの地域に農業コミューンを持つ。「政治的な農業・生活共同体」としての活動をしている。
直接行動を辞さないため、急進的な「エコテロリスト」と目されることもある。
反議会主義を掲げており、選挙には参加しないため、議席は存在しない。
公式のシンパ議員が幾つかの地域を中心にいくらか存在している。
また「緑の風党」にはいまだに隠れシンパがいくらかおり、影響力を行使している。

○○リバタリアン同盟(地方議員数:約180人)

リバタリアニズムを掲げる急進自由主義政党
自己決定権を尊重する気風の強いエフタル連邦において、自己決定権擁護の最右派を自認する。
国家・政府のあらゆる統制に反対する立場。
特に国家による社会保障の維持や労働者保護の撤廃を主張している。
また、保守派が求める「家庭像」を否定して、「結婚制度の解体」を求めてもいる。
もっとも国家による警察権までは否定しない。夜警国家派。最小政府派である。
納税、年金の否定。民間の保険の普及を目指し、国家による社会保障制度の解体を目指す。
支持層は都市住民、新興資産家、科学者など。
シンクタンクやマスメディアを結成しており、そういった方面からも影響力を持とうと活動している。
都市部の州議会の一部やニュータウンの市議会に主に議席を確保している。
国政レベルとしては、主に「自由協会」に協力する。ただ、勢力を維持する一部地域では独自候補を擁立している。

地方議会に議席を持つ政党(小)。

○○エフタル農民党(地方議員数:約70人)

旧エフタル農民党主流派が党名をエフタル民主党に改名した際、それに反発した者が結成した党。
農民主義と地方主義を掲げる保守政党。自称「農民党・正統派」。
民主党の「都市化」には断固反対しており、共和党や愛郷連盟に近年は接近している。
国政レベルとしては、保守系の政治家を支援する。現在は連邦議会に参入(立候補)する意思はない。

○○エフタル納税者党(地方議員数:約50人)

かつての「連邦政党」。中道右派・保守政党。共和党の分派勢力。
「減税」を掲げる一方で、社会福祉費の増大には反対派。保守寄りだが、新自由主義に近しい政策を持ち合わせる。
分派した当時は若干の連邦議会議員を擁していたが現在はいない。
現在は連邦各地の限られた数か所の地盤に若干の地方議員を抱えている
政党としては現在も存続しているが、連邦議会に復帰する意思は乏しい。
近年では「共和党」への復党や「自由協会」に参加をするものも多く、二重党籍も容認されている。
国政レベルとしては、保守系の政治家を支援する。現在は連邦議会に参入(立候補)する意思はない。

○○緑のエフタル(地方議員数;約40人)

環境主義を掲げる緑の保守政党中道右派
中道左派的な「緑の風党」と相容れない人士が結党した保守勢力。
生命の尊重や「持続可能な開発」を基盤におきつつ、社会秩序の維持や経済の安定成長、原発反対、軍縮といった政策を掲げる。
生命尊重の立場から死刑・安楽死・中絶反対などを掲げている。
環境保護団体、自然教育を推進する教育団体、母体保護団体、環境との調和を目指す宗教団体から主に支持されている。
特に街頭運動に長け、コミューン的性格も持ち合わせる「憂国同志会・緑の青年会議」とも深い協力関係にある。
ワンダーフォーゲル運動など教育分野とも深いつながりがある。
右派政党であるが、一般的な保守主義や国粋主義とはしばしば相反した立場をとる。
生命尊重の立場から、移民の受け入れにも賛成している
国政レベルとしては主に「愛郷連盟」に協力している。ただ、勢力を維持する一部地域では独自候補を擁立している。

○○オルタナティブ協同会議(地方議員数;約30人)

「フリースクール」や「オルタナティブ・コミュ二ティ」「新しい自営業連盟」のメンバーが主な支持層。
自由でかつ小規模な居場所運動(非大企業、非行政)の担い手が作り出す社会運動の連絡体である。

○○声なき大衆の会(地方議員数:約20人)

声なき大衆(サイレントマジョリティ)の声を代弁すると主張する右派市民系の政治勢力。経済左派、外交は中道右派系
地方議員の「協力会員」が複数名所属している。右派として「一般合同労組」を組織しており、労働相談も行う。
今のところ「政治サロン」「互助会」として「勉強会」などを熱心に行っている。
「シンクタンク」としても活動しており、行政や各方面の政党・政治家などに対して申し入れを行っている。

地方議会に議席を持たない政党。

○○憂国同志会・緑の青年会議

▼テーブル
列1 列2 列3
党員・議員 党員:1000人 議員:なし
緑の保守主義 右翼思想 生命尊重
在野の右翼系の思想団体、宗教団体が結集して、誕生した。
政治勢力でもあり、コミューンの側面も持つ団体。
「麗しき国土を守れ」と環境保護を掲げている。緑の保守勢力
「生命尊重」の観点から、右派政党の中では移民にも融和的。
自給自足を掲げるエコロジーコミュニティ「緑の青年たちの家」を連邦各地に持つ。
会員の中には、そこで自給自足の生活を送るものもいる。
近年では社会福祉事業も展開しており、都市部においてもコミューンが結成されている。
所属議員は存在しないが、非公式のシンパ議員が郡部を中心にいくらか存在している。
国政レベルでは「大地の党」を支持しており、協力関係にある。

○○雑民の会

アナキズムの政治勢力。「サブカルチャー・アングラアート」に関わる者を主な支持基盤とする。
クロポトキン型の相互扶助を中心概念に据えた無政府共産主義を唱えている。デラシネ主義を掲げている。
かつては旧「円卓」には参加していた。現在は独自路線を追求するために離脱してしまっている。
所属議員は存在しないが、非公式のシンパ議員が都市部を中心にいくらか存在している。
国政レベルの支持政党はない。しばしば連邦議会への「反投票運動」を行う。

○○エフタルポゴ党

パンク青年らが結成したアナーキズム政党。
選挙を利用した「示威行為」を得意とする。実質の党員は100人もいないとされる。
非労働主義(「働くのはクソ」)を掲げ、青年層を中心に若干の支持を集める。
国政レベルの支持政党はない。しばしば連邦議会への「反投票運動」を行う。

連邦政府からは活動を制限(議会進出への禁止)をされている政党。

エフタル連邦政府は「戦う民主主義」を採用しており、既存の民主制を否定する政治勢力の議会進出を禁止している。

○エフタルのために(地方議員数:公には「なし」。)

全体主義・国家社会主義的な「国民共同体」の実現を掲げる急進右派政党(極右)
有機的に一つの生物のように活動する「国民共同体」を組織し、「社会の進化」を図ることを目指す。
「国民共同体」とは、組織化された国民大衆が有機的に結びついた「社会結合体」を指す。
そのためか、「マジョリティとされる人々」の権利を優先する傾向にある。
いかなる形の「自由主義」や「啓蒙主義」は認めず、連邦主義にも否定的。
公には民主主義を擁護する立場をとる。しかし、社会変革のために状況が許せば「実力行使」(クーデター・一揆)をも行う方針を隠し持っている。。
そうした「暴力性」を持つことから、連邦政府からは活動を制限(議会進出への禁止)をされている。
そのため所属を隠したシンパ議員が約2000人は地方議会にいるとされる。
また、連邦政党の「エフタル民主党」にもひそかに浸透しており、かの党には二重党籍。者・シンパが複数いるとされる。
左派の「共産党・人民統一戦線」とは類似点が多々見られることから、ライバル関係にある。現状は激しく競り合っている。
支持基盤は、右派労働組合など。経済的には中下位層の都市部、郊外の労働者からの支持も根強い。
組織だった街頭行動を積極的に行うのが特徴的。
国政レベルでは表向き協力している政党はないが、「エフタル民主党」にはシンパが多い。

人民戦線・新共産党(地方議員数:公には「なし」。)

共産主義と反資本主義を掲げる急進左派政党(極左)
主要左派政党からの離党組(特に「民主左派(旧:共産党)から除名されたグループ」など)が、在野の新左翼系のグループと合流して結成された。急進左派の統一戦線の側面を持つ政治勢力である。
公には民主主義を擁護する立場をとる。しかし、社会変革のために状況が許せば「実力行使」(クーデター・一揆)をも行う方針を隠し持っている。。
そうした「暴力性」を持つことから、連邦政府からは活動を制限(議会進出への禁止)をされている。
そのため所属を隠したシンパ議員が約1000人は地方議会にいるとされる。
連邦政党の「新労働党・円卓会議」にも密かに浸透しており、かの党には二重党籍者・シンパが複数いるとされる。
「統制経済」と「調和の整った社会」をこの連邦のみならず、この世界全体で実現しよう主張する。トロツキー主義に近い。
そのために「前衛党」を組織し、大衆を啓蒙、領道しなくてはならないと言う立場。
右派の「国民戦線」とは類似点が多々見られることから、ライバル関係にある。ただ、現状は競り負けている。
支持母体は、左派系の労働組合や左派の学生団体など。
経済的には中下位層の都市部、郊外の労働者からの支持も根強い。階級政党の一つ。
組織だった街頭行動を積極的に行うのが特徴的。
国政レベルでは表向き協力している政党はないが、「新労働党・円卓会議」にはシンパが多い

  • 最終更新:2018-04-04 06:33:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード